洋々亭亭主の写真館

yohyohx.exblog.jp ブログトップ

我がコミュニティーの1本桜

 35年前、約500戸の団地が造成された際、
工事関係者の配慮により、残された自生の山桜が立派に成長して

ここに住む人々に春を告げてくれます。
やさしさとやさしさの1本桜です。
a0326310_13493446.jpg

[PR]
# by yohyohx | 2017-04-11 13:50 | 花風景 | Comments(0)

夜桜の2人

 今年は寒さが残り、約1週間遅れで、花の季節を迎えました。

和歌山城では紅枝垂れ桜が春の宵を楽しむ人々を歓迎しているようです。

4/5(水)~週末まで盛りを邪魔する雨の予報で、天候に恵まれない花の日々が続きそうです。
a0326310_17120201.jpg

[PR]
# by yohyohx | 2017-04-05 17:31 | 花風景 | Comments(0)

和歌山城大手門の紅枝垂れ桜

 ソメイヨシノは昨年より8日遅い3/30日、開花宣言がありました。
大手門のこの桜は毎年ソメイヨシノより約1週間早い開花で、
3/31現在、7~8分咲きです。
 ライトアップされた夜桜はより美しいです。
a0326310_21025579.jpg

[PR]
# by yohyohx | 2017-03-31 21:03 | 花風景 | Comments(2)

ヒドリガモが往く

 冬鳥の大半が北へ帰った後、静かになった紀ノ川をヒドリガモの群れが
春の日差しを浴びてのんびりと泳いでいました。
a0326310_12410400.jpg

[PR]
# by yohyohx | 2017-03-14 12:42 | 生き物 | Comments(2)

青空と白梅

 近くの高校のキャンパスの白梅が満開です。早春の青空に
一段と映えていました。
a0326310_11210125.jpg

[PR]
# by yohyohx | 2017-02-20 14:51 | 花風景 | Comments(0)

早咲き桜満開

 早咲きで有名な和歌山市中之島地蔵の辻の寒緋桜が満開です。 
花の蜜を求めてメジロやヒヨドリがたくさんやってきす。
2/11(Sat.建国記念の日)、樹の下はもう春の雰囲気でいっぱいです。
a0326310_10563102.jpg

[PR]
# by yohyohx | 2017-02-12 11:20 | 自然風景 | Comments(2)

メジロ

 メジロは和歌山県の県鳥です。
最近は捕獲が禁止されていますので、増えてきたという実感をもってます。

 庭の木に柑橘類をおいてやると毎朝あいさつにやってきてくれます。
1羽者や夫婦連れなどいろいろです。

 食べ物も果物の他ヨーグルト、ゼリーなどの吸って食べるものだけかと思っていましたらスズメやヒヨドリに混ざって、パンの細切れも食べています。

 椿や梅が咲き始めるとそろそろお別れで、巣作りで深山へ帰るのかやって
来なくなります。
a0326310_13060981.jpg

[PR]
# by yohyohx | 2017-02-07 13:06 | 生き物 | Comments(2)

雪の朝

 南国和歌山市でも1/24(火)は雪の朝でした。
気象台の発表では積雪2Cm、ですが、

わがコミュニテイーは和泉山脈の山の中です。
測ってみると倍の4Cmでした。

 雪国の方々には2Cmでも4Cmでも同じと笑われますが、
年に一度あるかないかの雪です。早速カメラの出番となりました。
a0326310_13232801.jpg



[PR]
# by yohyohx | 2017-01-24 13:24 | 自然風景 | Comments(2)

2017 初詣

a0326310_17195955.jpg
 新年も3日になり、寝てばかりいられません。
今日は、家内と遅まきながら和歌浦天満宮へ初詣に出掛けました。

 一家の健康、安全、更に孫の学業成就までお願いしました。
振り返ると昨年は入院手術を余儀なくされ、健康のありがたさを
痛感させられる1年でした。

 今年は健康を喫緊の課題として、桜を撮る喜びを満喫したいと
思っています。


[PR]
# by yohyohx | 2017-01-03 17:21 | 自然風景 | Comments(2)

紀ノ川右岸の1本銀杏

 12/10(土)、むさしさんに、教えてもらって、紀ノ川右岸、紀ノ国大橋東側の
銀杏を見に行ってきました。

 ギンナンを数個まとめて埋めたのでしょうか?数本の幹がまとまって大きくなっています。
まだまだ若い樹ですが、その美しさは何もない河川敷に1本だけ立っているので、格別でした。

 樹齢はまだ50年くらいでしょうが、将来有名になること請け合いです。
葉が落ち始めたところで、ベストタイミングだったことと、晴天にも恵まれ黄金の葉と

冬晴れの澄み切った青空が素晴らしく、マッチングしていました。

a0326310_11561186.jpg

[PR]
# by yohyohx | 2016-12-11 12:11 | 自然風景 | Comments(4)
line

人生の黄昏時、沈思黙考してショットする


by yohyohx
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30